ダイエットに良い運動を安全に行う

ダイエットのために筋トレをしている人も多いかもしれません。ジムなどに通って行う筋トレの中でも、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスや懸垂などは、大きな筋肉を中心に様々な筋肉を使って、大きく動く多関節運動で、筋肉を鍛えるのに非常に効果があります。一方でスクワットやデッドリフトは腰にもかなりの負担をかけるので、腰痛になってしまう人もいます。まずは、こうした腰に強い負荷をかける運動は、あまり頻繁に行わないようにしましょう。多くても週に3回くらいにしておいたほうが良いでしょう。腰の筋肉は、特に疲労からの回復が遅いとされています。また、特に腰や股関節、太ももの裏側やお尻のストレッチは毎日行うようにしましょう。腰痛とこうした部分の柔軟性には反比例の関係があると言われています。なるべく腰に負担のかかりにくいスクワットやデッドリフトのやり方も織り交ぜてみましょう。例えば、ジェファーソンスクワットやスモウスタイルデッドリフトはバーベルの重心と体の重心の距離が非常に近いため、背筋に無理な力がかかりにくくなっています。こうした種目も取り入れ、怪我のないようにエクササイズを進めていくことが結局は成長への近道になります。筋トレと同時に酵素ダイエットなども取り入れ食生活の改善をする事も相乗効果を生みやすいかもしれません。

Comments are closed.